ちょびりこ。の広い大地と小さな石。
とっても素敵な北海道人や、おいしい道産の食材、私の好きな道産品などをお気楽に書き綴ってみます♪
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


♪江別王子製紙見学ツアー♪

こんにちは♪ ちょびりこ。です♪

ちゃんと予告どおり!です♪

今日は江別の王子製紙さんへ見学へ行った経緯とそのお話しにお付き合い下さいませ。

  (MASAさんに負けずに長いよ~!最後までお付き合いくださいね。)

『ECO』とか、『地球に優しい』とか、『もったいない』とか、よく耳にしますね。

私も広い大地の小さな石の一つとして、(ブログのタイトルはここからです♪)自分に出来る事を考えてきました。結局、仕事に流され、生活に流され、時間に流され、その時の私は『まぁ、ゴミの分別くらいはきちんとしましょ!その位しか出来ない!』って思ってました。

ある日、お友達とランチへ行く約束があり、待ち合わせ場所へ行くとなんだか、がやがやしてました。私のお友達がとうとう、アイドルデビューして、取材陣に捕まったのかと!お友達曰く『世界平和の為に内緒』だって!(笑) 近くへ寄って行くと見た事のある和服姿の女性がにっこり。…?なんで…?おかみさん!(←寿司屋のおかみさん小話へ!)

今年の春におかみさんが江別の王子製紙さんへ使用済みの割り箸をリサイクルしてもらう為に届ける時のTV取材でした。

偶然ばったり!でしたが、この時のことが、私が『間伐材』について興味を持ったきっかけです。

森を守る為には畑と同じで、森林にも適度な間引きが必要です。その、間引きされた木が『間伐材』ですね。昔はこの『間伐材』も商品価値がありました。建築現場の足場材も間伐材でした。間伐材の消費の大半が足場材だった頃は商売の一つとして成り立っていたわけです。しかし、時代の流れと共により安全で品質のよい現在の足場に移り変わってきた時、間伐材が商品として売れなくなり、ゴミ同然になってしまった…。足場材以外にも利用されていますが、商業が成り立つほどの需要がないんですね。

間伐をする。(人手がかかる) 

間伐した木を山から運ぶ(人手、輸送料、加工費)

商品としてお金を生まなくなった今、森を守る為に間伐をすることすら出来ない森林があるんです。

林業の経済をどうにかしようって事は私には出来ません。ただ、間伐材という物の存在を皆が知ることによって少しでも商品価値が上がることを願うばかりです。

間伐材を使った商品開発は日本中で頑張っています。

一人一人が間伐材の特徴を理解し、気にかけ、利用することでよい方向に向かってほしいと願います。

(参考までに少し集めてみましたので興味のある方はどうぞ!)

  全国森林組合連合会 

  間伐・間伐材利用コンクール

  全国森林組合連合会の『豊かな森を育てる為に』

  北海道森林組合連合会・カラマツラミナ のページ

日常当たり前に使っている『割り箸』。この材料として間伐材が使われていることはご存知の方も多いはず。(間伐材を使っていない割り箸もありますが。)使い捨ての割り箸自体に疑問を持ち、MY箸を持ち歩く人も多いですね。MY箸は物を大事にするという素敵な気持ちから始まっていて、とっても良いことです。私も持ってます。ただ、100パーセントMY箸を外食で使える勇気ある人間ではありません。お蕎麦やお寿司を食べる時は、割り箸の方が好きですし。割り箸の存在がなくなてしまうのは寂しいです。

だから、割り箸の有意義な利用方法として、『間伐材』の存在をアピールする。(間伐材の名刺みたいにね。) そして、使い捨てではなく、リサイクルをきちんとする。

そのリサイクルの手段のひとつが、『江別の王子製紙へ持ち込んで紙の材料にしてもらう。』

おかみさんに誘っていただいて江別の王子製紙さんで見学させていただきました。

 DSC_0040_20080620144930.jpg お昼ごはんを社員食堂でいただきました。

                                       私はカレー♪DSC_0042_20080620145041.jpg
勿論、社員食堂でも割り箸の回収箱がありました!

DSC_0041_20080620145015.jpg おかみさん、着物に颯爽とスニーカー!!さすがです!!
DSC_0039_20080620144956.jpg 今回の参加した皆が持ち寄った箸!
DSC_0046_20080620145131.jpg 従業員の方が手作業でコンベアに載せてます。
DSC_0049_20080620145232.jpg バリバリッと音をたてて奥へと流れていきます。
DSC_0044.jpg 原料のチップの山!!

コピー用紙を作っている6号マシンを見学させていただきましたが、写真撮影は不可でした。原料が材料となってから(チップがドロドロになる様子は見られません。)の巻取紙になるまでの工程が見学できます。(とっても蒸し暑いので美容液をたっぷり塗ってから見学するとお肌がツルツル!ぜひ!…、やらないで下さいね!)

興味のある方は何人か人数が集まると見学させていただけますので、問い合わせてみてくださいね。

【使用済みの割り箸の持込について】

1) 洗う必要はありません。機械で粉砕した後他の材料のチップと共に処理されます。

2) 持ち込み時間は24時間受け付けているそうです。真夜中もOK!守衛さんがいらっしゃいます。

3) もちろん、間伐材の割り箸だけでなく、普通の割り箸もOK!ただし、割り箸に限ります。

   竹箸、アイスクリームのヘラ、キャンディの棒などは駄目です。

4) 送料は自己負担になりますが、路線業者を使って送っても受け取ってくれます。

【使用済の割り箸の送り先】&【見学の問合せ先】

王子特殊紙 江別工場

江別市王子1番地

011-384-7311

ひとっつ、よろしくっ!

      ブログランキングでないかい?


スポンサーサイト



プロフィール

ちょびりこ。

Author:ちょびりこ。
北海道生まれ、北海道育ち。
女性。
北海道の人や風景、食材が好きです。
趣味のジャム作りが『ちょびりこ。ジャム研究所』に!


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


リンク


最近のコメント


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事


カテゴリー


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブログ内検索


RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。